日別アーカイブ: 2013年3月16日

スペイン語圏の話題:初のラテンアメリカ出身の法王PAPA Francisco Iが誕生!・・ -エスパニョールYouTube傑作集-

¡Hola! ¿Cómo está usted?

Estoy muy bien.

エンリケです。

世界中、特にラテンアメリカ中で
大騒ぎになっているのが、
新法王の誕生です。

カトリック教の信者の半分は、ラテンアメリカですから。

そんな多数の信者を抱えていたにもかかわらず、
これまでラテンアメリカ出身の法王は誕生していませんでした。

今回も、大方の予想はヨーロッパ出身になるとの
見方が強かったようです。

そんな予想を覆して、今回は
アルゼンチン出身の
“Jorge Bergoglio”司教が、法王に
選ばれました。

第266代になるとのことですから、
歴史の重みを感じさせますね。

ほんのちょとだけごく簡単なスペイン語を
学習しておきましょう。

「~の出身である」という表現です。
Ser動詞に、de をつけるだけです。

「私は、日本の出身です。」
Soy de Japón.

国名だけでなく地域名にも使えます。

ということで、ビデオのタイトルの
¡El Papa Francisco es De Sur América!
は、「法王フランシスコは、南米の出身です!」
となります。

それでは、ビデオを御覧ください。

¡El Papa Francisco es De Sur América!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

===============

どうでしたか?

「全く聞いたことにない言葉を話していましたが・・」

そう、イタリア語も話していましたが、重要な
部分はイタリア語でもありませんでしたね。

私にもわかりませんが、どうやらラテン語
のようです。

ラテン語は、もう死語になっているのかと
思っていましたが、バチカンでは、今でも
公用語で使用されているようです。

スペイン語のリスニング練習には、
こちらのビデオの方が役に立ちそうです。

Jorge Bergoglio es el nuevo Papa – Telefe Noticias
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

=================

ところで、新法王に対する見方は、
いろいろあるようですが、庶民派で
質素な生活をモットーといていることから
好印象が各界から持たれているようです。

教義の面では、保守的であっても
その他の面では、改革的な側面を
持っていて貧困対策にも力を入れそうです。

法王の名前に、Francisco を採用したのも初めてで
質素な生活態度なども手本にしたようです。

新法王のプロフィールをごく簡単に
次のビデオで紹介しています。

Quién es Jorge Bergoglio – Telefe Noticias
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

======================

カトリック教会もいろんな課題を
抱えているようで、より注目が集まります。

CNNニュースなどでは、アメリカの聖職者に
よる性的不祥事が大きな問題となっていることを
報道していました。

聖職者も妻帯できるようになるのか。
女性にも聖職者を開放されるのか。
同性愛を認めるのか。
避妊や中絶をどこまで認めるか。

など特に性に関するモラルの問題は
一筋縄ではいきません。

今後も注目して行きましょう。

今回は、スペイン語圏の
ニュース速報でした。

・・・

次回は、スペイン語を楽しむ
音楽ビデオをお届けします。

また、お楽しみに。

¡Hasta pronto!

少しは、面白かったよ、
あるいはためになったよ
という場合は、
ポチっとしていただけると
感謝、感激です^^

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


スペイン語 ブログランキングへ
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ