スペイン語数字:“時速97km/h”をスペイン語で? -エスパニョールYouTube傑作集-

Pocket

¡Hola! ¿Cómo está usted?

Estoy muy bien.

エンリケです。

本日は、スペイン語の基礎の日です。

「エンリケさん。今日のテーマはなんですか?」

愛の表現の日です!と言いたいところですが、
基礎の基礎として重要なスペイン語表現を
まず、済ましてしまいましょう。

ということで、本日は、数字表現続編で
おもに【30から100まで】です。

とても簡単です。

30,40,50・・,100
と覚えてしまえば、1桁の数字がゼロないときは、

“y ○○○”
と付け加えるだけですから。

まずは、このビデオで練習してみて下さい。

Los números de 30 a 100.
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

==============

どうでしたか?

念のために10ごとにスペイン語数字を表すと

++++++++++++++++++++++

30 treinta
40 cuarenta
50 cincuenta
60 sesenta
70 setenta
80 ochenta
90 noventa
100 cien

++++++++++++++++++++++

となります。

とても簡単だと思いませんか。
慣れてしまえば、すぐに覚えてしまいます。

ただ気をつけないといけないのは、
60と70です。

聞く時でも言う時でも、間違いが起こりやすいです。
私も、Q.60と聞いたつもりで、実は Q.70で、
Q.10余分に払わないといけないはめに何度もありました(汗)

ちなみに、Q.は、グアテマラの通貨単位で、ケツアルです。

このビデオで
・時速
・パーセント
・cm
・m
・センタボ
などの例えも出てきます。

このビデオの後半は、今一つですが
前半を繰り返し練習してみて下さい。

「あの~~っ」

はい、何でしょうか?

「エンリケさん、何か大事な部分が
抜けている気がするのですが・・」

バレましたか(笑)・・

そう思ったあなたは、もう私の熱心な読者さんですね。

その通りです。

前回、数字を紹介したときは、20まででした。
20から29が抜けています。

「でも、エンリケさん。同じ規則なら問題無いですね。」

そう思われたかもしれません。

30から90と同じように、1桁がゼロでない時
3つの単語で表しても間違いではありません。

しかし、最近では、1つの単語で表すことが多いようです。

具体的には・・

++++++++++++++++++++++

20 veinte
21 veintiuno
22 veintidós
23 veintitrés
24 veinticuatro
25 veinticinco
26 veintiséis
27 veintisiete
28 veintiocho
29 veintinueve

++++++++++++++++++++++

となります。

この部分だけを練習するよりも
一気に、復習も兼ねて1から100まで
スペイン語数字を練習してしまいましょう!

それでは、1から100まで
一気に練習して見て下さい。

Los Números del 0 al 100
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

==============

・・・

どうでしたか?

すこし長かったかもしれませんが。

「エンリケさん、今日で100までを
完璧にしたいのですが」

もう、相当確実になっていると
思いますが、ダメ押しビデオを
探して来ました。

こちらのビデオで総復習をすれば、
スペイン語数字100までは、

“¡Perfecto!”

Los Números 1-100
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

==============

100までマスターして
いただけましたでしょうか?。

次回は、スペイン語圏の話題やニュースを
ビデオを紹介しながらお伝えします。

また楽しみしてくださいね。

¡Hasta pronto!

少しは、面白かった、ためになった
という場合は、ぜひ応援クリックお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 外国語ブログ スペイン語へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。